お金借りたい!5万円 20万円 30万円 100万円

MENU

消費者金融と銀行でキャッシングの審査条件を分析

キャッシング,借入審査,主婦,学生,口コミ

キャッシングの審査条件=融資条件は、一般的に言う貸付条件ですが、

 

どこの消費者金融でも銀行カードローンでもマル秘扱いであり、
貸付条件の審査基準は公表されていません。

 

しかし殆どの消費者金融でも銀行系カードローンでも
審査基準は似たような条件であり推測は可能です。。

 

基本的には担保も保証人も不要なキャッシングサービスが多く、
過去に金融事故を起こしていなければ、気軽に融資してもらえるような条件になっています。

 

融資してくれる条件は「20歳以上の安定した収入がある人」というのが一般的な規定です。

 

そのため、主婦や学生でもパートやアルバイトで継続的で安定した
収入があれば、融資を受けることが可能になっています。

 

キャッシングなのでお金を借りることに目が行きがちですが、
大切なのはしっかり返済できる計画を、お金を借りる前に立てることが重要です。

 

大手消費者金融のHP(ホームページ)には、3秒診断や1秒診断といった

 

3,4項目の質問に答えるだけでキャッシングを利用できるか判断できる
事前診断の返済シミュレーションが用意されています。

 

融資を希望しているのであれば、自分が融資を受けたい消費者金融の
事前診断を一度試してみると計画が立てやすくなります。

 

事前診断は簡易診断なので、正確性は少し落ちますが、

 

無記名で行えますので個人信用情報に載ったり、
申し込みブラックになったりする心配は無いので、まずは気軽に試してみると良いです。

 

キャッシングでは、どのくらい借りれることができるの?

銀行カードローンの場合は、総量規制が関係ないので、
最近では200万円までなら収入証明書も必要ないと謳っている業者もあります。

 

この条件で即日審査で融資が決定した場合、
最大で200万円までは借りることが出来ることになります。

 

ただこの条件で融資を受けられるのは、よっぽど個人信用情報の内容が良く
属性も良好なケースです。

 

200万円以上の融資が必要な場合には、収入証明書の提出が必須になります。

 

消費者金融では総量規制で定められた金額以上の融資は出来ません。

 

消費者金融の場合は、50万円以下なら収入証明書の提出は必要ないですが、

 

50万円以上になると、総量規制の審査が必要になるので、
収入証明書の提出は必要になります。

 

消費者金融でも銀行カードローンでもいくら借りることができるかは、
いくらなら定められた期間内に返済できるかにかかってきます。

 

返済能力が高いと認められれば、高い金額を融資してもらうことが可能になります。

 

逆に返済能力が怪しいと判断された場合は、いくら収入証明書の提出が必要が無いからと
言っても200万円はおろか、50万円も融資してもらえないケースはあります。

 

銀行カードローンと消費者金融のカードローンはそれぞれ特徴がありますので
特徴を見極めて賢く利用するのが得策です。

 

5万円・20万円・30万円・100万円をすぐ借りたい時は下記が参考になります!

5万円・10万円・20万円・30万円借りたい時の最適な賃金業者

50万円借りたい時の最適な賃金業者

100万円借りたい時の最適な賃金業者

 


[5万円・20万円・30万円・100万円借りたいならどこが良い?]関連情報